全国の本当に美味しい絶品フィナンシェをご紹介!お取り寄せできる商品も!

本稿に記載した店舗データは、平年のデータを記載しています。新型コロナウイルスの影響で営業時間、定休日・サービス内容等が変更になっている可能性があります。お出かけ前に各店舗へ必ずご確認ください。

アーモンドとバターの風味がたまらない、フランス生まれの焼き菓子フィナンシェ。

おやつに、手土産に、ギフトにと、大人気のスイーツです。

今回は、こだわりの美味しさが味わえるフィナンシェの名店を5店ご紹介致します。

フィナンシェとは?

フィナンシェ

フィナンシェは、アーモンドパウダー、小麦粉、卵白、ブール・ノワゼット(焦がしバター)、砂糖、などを混ぜ合わせ型に流し込み焼きあげた、フランス発祥の焼き菓子です。

17世紀にナンシーの”L’ordre des Visitandines”(聖母訪問教会)の修道女によって作られたことから、昔はヴィジタンディンと呼ばれていましたが、19世紀に入り、現在のような名前と形になりました。

フィナンシェとはフランス語で「金融家」、「金持ち」等の意味があります。

なんともユニークな名前ですが、パリ証券取引所周辺の金融街で働く忙しい金融家たちの為、背広を汚さずに食べられるお菓子として開発されたのが名前の由来という説が有力とされています。

また色、形が金塊に似ているから、との説もあります。

関連記事

フランス焼き菓子の定番であるフィナンシェとマドレーヌ。 なんとなく別なお菓子であることは知っているけど、形以外の特徴について、意外と知っているようで知らないのではないでしょうか? フィナンシェもマドレーヌも材料を計って、混ぜて、[…]

フィナンシェとマドレーヌ

エシレ・メゾン デュ ブール

エシレ 丸の内店

https://www.kataoka.com/echire/


エシレ・メゾン デュ ブールは、世界初のエシレバターの専門店で、エシレバターと、エシレバターを使用した焼き菓子やケーキなどを販売しています。

エシレバターはその品質の高さと美味しさで、世界中の一流シェフやパティシエに愛されており、日本でも一流レストランで使用されていることが多く、エシレバターを楽しみにしているお客様もいらっしゃいます。

エシレ フィナンシェ

https://www.kataoka.com/echire/


エシレバターと厳選されたアーモンドを使用した「フィナンシェ・エシレ」は、エシレバターの芳醇な香りと、しっとりとした食感、アーモンドの風味がふわっと香る、贅沢な味わいのフィナンシェです。

エシレ・メゾン デュ ブールでは、店舗内で毎日フィナンシェを作っています。

焼き上がってから2〜3日経っても美味しいのですが、特に当日は表面がさくっと、中はしっとりとして格別の美味しさです。

東京の丸の内、渋谷、新宿、大阪の梅田に店舗がありますが、丸の内と渋谷でのみフィナンシェを取り扱っています。

残念ながら、オンラインでフィナンシェは買えませんが、東京駅に立ち寄った際には是非いかれてみてください。

店舗データ

  • 住所:〒100-6901 東京都千代田区丸の内2-6-1  丸の内ブリックスクエア1F
  • 営業時間:10:00~20:00
  • 定休日:不定休
  • 公式サイト:https://www.kataoka.com/echire/

アクセス

アンリ・シャルパンティエ

アンリシャル・パンティエ 芦屋本店

http://www.henri-charpentier.com


芦屋と銀座に本店を構えるアンリ・シャルパンティエは、1969年の創業以来、素材から製法まで一切妥協しないという精神で、数々の絶品スイーツを作り上げてきたきた名店です。

看板商品のフィナンシェは、なんとギネスで販売個数が世界一と認定されたというすごいお菓子なんです!

バターは、理想の味を追い求め作り上げたオリジナルの発酵バターを使用。

アーモンドはアーモンドの女王と呼ばれるマルコナ種、香りに優れたフリッツ種を使用し、香りを最大限に引き出すため、生地に混ぜ込む直前に挽いています。

濃厚なバターの香りとコク、アーモンドの芳醇な香り、しっとりとした食感。

販売個数が世界一になるのも納得がいく、まさに絶品フィナンシェです。

アンリシャル・パンティエ フィナンシェ


アンリ・シャルパンティエは、オンラインショップ もあるのでお取り寄せも可能です。

多くの人々に愛されてきた美味しさをぜひ味わってみてくださいね。

関連記事

バターとアーモンドの風味が特徴のフランスの焼き菓子、フィナンシェ。 フィナンシェの香ばしい匂いをかいでしまうと、ついつい手を伸ばしてしまいます。 フランスのお菓子であるフィナンシェですが、販売個数世界一に輝いたのはなんと日本の菓[…]

芦屋本店

店舗データ

  • 住所:兵庫県芦屋市公光町7-10-101
  • 営業時間:10:00 – 20:00(ブティック)

アクセス

京都フィナンシェぎをんさかい

祇園さかい


京都駅前地下街ポルタの東エリアにある「京都フィナンシェぎをんさかい」は、祇園の人気洋菓子店「ぎをんさかい」が、お得意様だけに特別に作っていたフィナンシェを、いつでも、誰でも買えるようにとオープンしたフィナンシェ専門店です。

ぎをんさかいのフィナンシェは、本来のフィナンシェを忠実に作りたいとの思いから、小麦粉を使用せず、アーモンドパウダーのみを使用し、焦がしバターと卵白のシンプルな素材のみで焼きあげられています。

アーモンドも厳選したものを使用し、本来の香りを引き出す為、製造のタイミングで自社製粉するなど、こだわり抜いて作られています。

プレーン、抹茶、ヘーゼルナッツ、オレンジ、カシスグロゼイユなど、様々な味を楽しめ、見た目にも鮮やかです。

中でも人気の「プレーン」は、アーモンドの風味がしっかりと感じられ、濃厚なバターの香りと、しっとりとした食感、シンプルながら奥深いあじわいの逸品です。

プレーンにはさりげなく金粉が乗せられ、上品な華やかさを感じられるデザインとなっています。
他のフィナンシェも他にはない素敵なデザインで、見た目にもこだわりたい!という方にもおすすめです。

お店は京都にありますが、お取り寄せも可能です。

店舗データ

  • 住所:京都市下京区東塩小路町902番地(京都駅前地下街ポルタ 東エリア)
  • 営業時間:11:00 – 18:00(臨時営業時間短縮)
  • 定休日:なし

アクセス

バターバトラー

バターバトラー


バターバトラーの商品は、世界中の産地から選りすぐったバターを使用した「バターが主役のスイーツ」をコンセプトに作られています。

コクや香りを引き出したり、食感をサクサクにしたり、いつもは陰ながら美味しさを支えている脇役のバターですが、そんなバターの魅力を前面に押し出したスイーツを味わえるのがバターバトラーです。

バターフィナンシェ


人気商品「バターフィナンシェ」は、ヨーロッパ産発酵バターとフランス産ゲランドの塩を使い、表面はカリッと、中はしっとりな食感、贅沢に使われたバターの濃厚で深い味わい、さらにメープルシロップの甘さと風味がバターの美味しさををより一層引き立てています。

またフィナンシェとしては珍しい正方形でお洒落なデザインも魅力的です。

バターバトラー フィナンシェ


「ご主人様。こちらバターが主役のお菓子でございます。」というキャッチフレーズと、執事のイラストが描かれたパッケージもユニークで、美味しさだけでなく、見た目も楽しめるフィナンシェとなっています。

JR新宿駅構内NEWoMan(ニュウマン)の2階、渋谷スクランブルスクエア1階に店舗があります。またお取り寄せも可能です。

店舗データ

  • 住所:JR新宿駅構内NEWoMan SHINJUKU内2F
    新南改札 ミライナタワー改札 付近 ※駅構外からの場合はJRの入場券が必要
  • 営業時間:平日 8:30~21:30、土日祝 8:30~21:00
  • 定休日:なし

アクセス

ノワ・ドゥ・ブール

noix-de-beurre

伊勢丹新宿に店舗を構える、ノワ・ドゥ・ブールは、「お菓子の一番美味しい瞬間を味わってもらいたい」という思いをコンセプトに、作りたてや旬の美味しさを大切にした焼き菓子やケーキを販売するお店です。

フィナンシェは、毎日少量ずつ、1日に10回から15回に分けて焼き上げ、すぐにお店に並べられるので、できたてならではの美味しさを味わうことができます。

スペイン産マルコナ種アーモンドプードル、国産発酵バター、風味豊かなきび砂糖など、こだわりの材料を使い、高温、短時間で焼き上げられたフィナンシェはノワ・ドゥ・ブールのスイーツの中でも大人気の商品です。

作り立てのフィナンシェは、外はカリッと、中はしっとり…。ジュワッと広がる濃厚なバターの美味しさと、アーモンドの香りがたまらない逸品です。

オンラインストアでお取り寄せも可能です。

店舗データ

  • 住所:東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿本館 地下1階
  • 営業時間:10:00~20:00 ※百貨店の営業時間に準ずる。

アクセス

まとめ

アーモンドとバターの風味が特徴のフランス発祥の焼き菓子フィナンシェ。

一口にフィナンシェと言っても、お店によって様々な魅力があります。

どのお店のフィナンシェも美味しいこと間違いなしなので、ぜひ味わってみてくださいね。